スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
筑前煮
20060131175300.jpg

材料
水…300cc / 味彩のつゆ かつお…60cc / 鶏もも肉…200g
人参…100g / ごぼう…100g / れんこん…100g / こんにゃく…1/2丁 / 乾燥椎茸…4枚 / 絹さや…適宜 / ごま油…適宜

作り方
①人参、れんこん、ごぼうは皮をむいて乱切りにし、別々に下茹でをする。
②こんにゃくは塩もみをして下茹でをし、一口大にちぎる。鶏もも肉は一口大に切る。乾燥椎茸はたっぷりの水につけてやわらかく戻して4つに切る。
③鍋にごま油を入れて火にかけ、鶏肉を入れて炒める。肉の表面が白くなったら、一旦取り出す。
④ごま油を③の鍋に少し足して、ごぼう、れんこん、椎茸、人参の順で入れて強火で炒め、全体に油が馴染んだら、味彩のつゆ かつおと水を加える。
⑤鶏肉を戻し入れて、落し蓋をして中火弱にして10分程度煮る。
⑥煮汁が残り少なくなったら、鍋をゆすって炒り煮にする。
⑦器に盛りつけ、さっと茹でた絹さやを添える。
スポンサーサイト
【 2006/01/31 18:10 】

レシピ | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<大好きな煮物 | ホーム | おすすめ>>
コメント
--- ---

訪問ありがとうございました。
中身の薄いものでしたが、一所懸命です。

筑前煮のことを、我が方ではがめ煮と呼んでいます。
我が舌には、田舎のお袋からの味は今も残っています。

ゆうさんのレシピを見て大きな違いは、下茹でや油炒めの行程がない事です。
最初から鍋で炊き上げるだけのシンプルな作業でそれは今も我が家のがめ煮です。
みのり * URL [編集] 【 2006/02/15 08:25 】
--- みのり様 ---

コメントが大変遅くなってしまって、すみません!

“がめ煮”ですかぁ~。筑前煮も好きですが、シンプルな作り方なのにとっても美味しそうですね!!今度挑戦してみます!上手くいったら、ブログで紹介したいなぁ~。
先程みのりさんのブログお邪魔して来ました!!これからも宜しくお願いします!
ゆう * URL [編集] 【 2006/03/15 10:53 】
--- ---

5日、法事で郷へ帰りました。
母の17回忌でした。
そこで出た話題が、がめ煮でした。
長男の嫁さんが作らないのでブーイングでした。
母は当時はくどさんで炊いていたのですが、当然レシピとかなく手加減舌加減でした。
こんなのがいわゆる「お袋の味」だったんだと話が弾みました。
みのり * URL [編集] 【 2006/03/17 11:42 】
--- みのり様 ---

私も先日祖母の法事でした。とても懐かしい思い出に触れられますよね。
『がめ煮』はお袋の味ですかぁ~。あたしも今度挑戦と言ったものの、みのりさんのお母さんにはかなわないんだろうなぁ~…。手加減舌加減で美味しく作れる人は、料理のプロだと私は思うのです(o^-^o) ウフッ
あたしも頑張ろ~っと♪
ゆう * URL [編集] 【 2006/03/17 13:42 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://konomidasi.blog41.fc2.com/tb.php/15-2b9a52b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。